中村研究室紹介

研究内容

南西諸島から台湾の地震活動、地殻変動、津波についていろいろ研究しています。最近では南西諸島で多く発生する様々なゆっくり地震(スロースリップイベント、超低周波地震、低周波地震)について研究を進めています。


これまでの研究


研究法の内容

  • 3年生
    • 地震学・固体地球物理学に関する英語教科書をセミナー形式で読む。
    • 地震データを用いた演習を行う。
    4年生
    • 卒業研究で実施する内容に関連する論文を用いた発表

卒業研究の内容

  • 4年次から具体的な卒業研究に入ってもらいます。コンピュータを用いた解析が主です。研究の課題によっては、野外での観測作業もあります。
  • 参考:過去の卒業研究内容

学生に一言


  • 地震現象を勉強するには物理や数学が必要です。だから、物理学(力学、電磁気学)や物理数学の授業を取っておいたほうが良い
  • 野外調査の好きな人、計算機の好きな人、どちらのタイプも大いに歓迎します