研究内容

中村衛(地震学)研究室では、南西諸島から台湾にかけての地震活動や過去の津波についての研究をおこなっています。最近では南西諸島で発生するゆっくり地震(低周波地震、超低周波地震、スロースリップイベント)の研究をおこなっています。

ニュース

2017年9月14日
フューレ神父の記録から1858年の群発地震の発生場所を推定
2017年4月10日
琉球海溝での12年間の低周波地震活動
2017年3月30日
ホームぺージリニューアル
2017年2月15日
超低周波地震の潮汐応答分布の地域性